トップ 最新 追記

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2011-02-01

_ [] Don't Panic!

パニクるな。銀河ヒッチハイク・ガイドの表紙に大書されたこの言葉は人生の黄金律だな。僕はすぐに慌てて、そして、なんかやらかしてしまうから。今日も痛恨のアホをやってしまった。それにしても、パニクるな、という訳は良いね。

ところで、寒い冬は毛布の上に羽毛布団を掛けて眠っていたのだが、実は正しい使い方からすると、羽毛布団の上に毛布をかけると良いのだそうな。最近知ったがほんまかな。まあ、ものは試しということでここしばらくやってみているのだが、なんかとてもいい気がする。睡眠の質が上がったかどうかは知らんが、身体に接触したその感じは良くなった気がする。もともと煩悩が多すぎるのか、寝付きは良くない方なので、せめて寝心地は良くするに越したことはない。と、豆知識で締めてみる。


2011-02-08

_ [] いろいろ

片付きつつあり、ほっとしている。ふぬけてしまわないようにしないとな。ふぬけられるほど、かっちり仕事をやりきったわけでもないのだし。今年度中にある程度までやっておきたいことがいくつもあるので、とりあえずの方針を思案したり。ある意味、やることは決まっているところがあるので、それは粛々とやりつつ、少し勉強しておきたいこともあるので、それも手を付けつつ。。。

とりあえず机の掃除をした。D論やら何やらでもう爆発状態であったからな。今更になって、キーボードやマウスはワイヤレスのが欲しいなと思うようになってきた。電池が速攻切れるのではないかと思い、敬遠していたのだが、割と保つらしい。ケーブルが机の上をのたうち回っているのはあまり気分が良くない。

そういえば、TeXでひどい目にあった。\figure環境などで、\labelを\captionの前にうっかり書いてしまって(\captionの{}の中に\labelを書く書き方もあるそうだね)、しかもそれをコピペしていくつかの図の文中の参照番号がめちゃくちゃになってしまっていた。おかげでひどい迷惑をかけてしまう。これはTeXが悪いのじゃないけど。トラブルがあったら、それは大体、自分が悪いのである。計算機関連は特にそう。

夏場所は国技館に行くぞ、と思っていたら、、、やれんのか?落としどころはどうなるのかね。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ takuzux [どーも、ご無沙汰です。。。 D論も終わっても、まだまだお忙しそうで。 私もこの度(ヘッドハンティングというほ..]

_ mjm [あ、ご無沙汰。連絡とろうと思っていたのだけど、2年ほど前にスキー場の雪の中に携帯を放り込んで以来、連絡先が分からずに..]


2011-02-16

_ [] とりあえず。

論文が公開された。Phys. Rev. E 83, 020401(R) (2011).


2011-02-25

_ [] 今日は。

入学試験の日か…。僕にとっては、11年前のことである。20代をほぼ駒場ですごしたことになるか。入学試験のことはよく覚えている。センター数学IAで大問一個分を丸々ずれた欄に記入して、足切りギリギリの惨憺たる有様だったので、東大の二次試験はもう無理だろうと決めてかかって、諦めた訳じゃないけど、なんというか、肩の力は抜けているというか、却ってリラックスして臨んだのがまあ良かったのだろうと今は思っている。自分が受けた教室は医学部で、試験監督の先生がメスのような切れ味の眼光を持った人だったから、「おお、白い巨塔から降りてこられたのだな」とか思って、一人で笑っていたな。鬼門はなんといっても昼休みの安田講堂前の広場で弁当食べながら繰り広げられる感想戦であろう。全てが終わるまで、絶対答え合わせとかしちゃだめだから!(笑)一瞬で心が折れる。古文のあの問題はつい先日のどこどこの模試ででてきたから楽勝だったとか聴いたら、萎えるどころのレベルじゃねえ。大体、作問担当もカブってんじゃねーよとか思ったね、あれはひどい。入学試験に一喜一憂は禁物だ。数学は始まって5分は鉛筆持たずにじっと精神集中して、全ての問題に目を通して、方針が立ったところからやる。これは父のアドバイスだったが、後にも先にも人生で役に立ったのは、これくらいである(苦笑)まあでも、本当に頑張らないといけないのは、試験ももちろんそうだけど、入ってからなんだよな。誰かタイムマシン見つけたら、昔の僕に言ってやってくれ。

そういえば、あの時分は、やたらと「雨に唄えば」を観ていた。ジーン・ケリーのタップダンスを観ていたら、緊張がほぐれるので。個人的には、雨に唄えばよりも、モーゼのシーンの方が楽しくて無意味で好きである。もっといえば、ジーン・ケリーよりも脇役のドナルド・オコーナーの方が好きである。「Make'em laugh」とかね。大学入学したら、自分はタップダンスをやるのだ!と心に決めていたが、それから11年経ってしまった。。。まあそういうこともある。そういうことの方が多い。けれど、死ぬまでには習いたいものだ。

ところで、今年も折田先生は健在のようだ。一度、観に行ってみたいものである。


トップ 最新 追記