トップ 最新 追記

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2010-12-15

_ [] 討ち入り。

博士論文を提出しようとしたら、印鑑を自宅に忘れたことに気付く。で、拇印で良いか、というと、拇印はやめてくれ、とのこと。もちろん、署名を代わりにするのもだめ。本人認証のため、実印、あるいは事前に大学に登録した印鑑のみを受け付ける、とかいうのならまだ分かるが、三文判でもいいからはんこ押せ、というのはいささか納得がいかない。博士論文提出とは伝統と権威ある神聖な手続きであるから、機能としての印鑑よりも、象徴としての印鑑が重要なのだ、ということなら、なおさらである。いっそのこと、東京大学御用達の制式印鑑でも作ってはどうか?それに、提出書類もそれっぽく高級紙を用いて、書家が達筆で表題にズバーーーーン!と「履歴書」と書いた書式とかにしたら良い。もちろん、和の精神溢るる縦書きな。Wordで作った書式なんて配らずに。そこまでやるなら文句は言わない。第一、そういう風に、合理性のかけらもない書式にこだわることで、逆にそれさえきちんとチェックしてしまえば良い、という風な精神に繋がり、本来、弾くべき不行き届きを見過ごす結果になりはしないか。。。

とか、色々思うわけだが、しかし、ルールはルールである。文句があるなら、公開日記に愚痴を書いてないで、しかるべき手続きを完了した後、正式に文書で質問すべきではある。(目安箱とかに投書すればいいのか?)自分の不手際を棚に上げて文句を言うのは情けないことだしね。が、しかし、やっぱりストレスたまるよね。伝統と習慣に敬意を払いつつも、それらと惰性をごっちゃにしてはいけないと思うんだよな。あと、担当者の胸先三寸で変わるような恣意的なルールも、社会悪として排除すべきだよね。それから、抗議したときに、「常識的に考えて」とか逃げるのもなしね。ああ、Excelで書類とか、Wordで書類とか、考えつく奴、××××××××××××××××。(当局による検閲済。各自適切な文を補完せよ)

気を取り直して、自宅に戻って、祖母に昔作ってもらった印鑑を手に、これから登校して、再度挑戦する。いざ、討ち入りである。ちなみに、奇しくも309年前の12月15日未明、赤穂浪士が吉良邸討ち入りを果たした。赤穂で生を受けた身としては、なかなか感慨深いものがあるね。自分の先祖は全然関係ないけど。

まあ、無事提出できてよかった。名字の新字、旧字の不統一があったので、その場で修正したなど細かい問題はあったが。戸籍は旧字なのだが、学籍は新字で登録していたのがまずかった。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ あべのり [勢い余って謝辞に書いちゃってもいいですよ(笑)ってかTeXなのですね.来年度も東大?]

_ mjm [TeXでばりばり書きましたとも。ん?MS Wordとかで出す人もいるんだろうか?書いてるときになんか環境をぶっ壊して..]

_ あべのり [駒場に11年!って僕も同じなんですけどね.報告楽しみにしています.]


2010-12-21

_ [] 皆既月食。

昨日は実に綺麗な月だったので、今日の皆既月食も十二分に堪能できると期待していたが、いかんせんこの曇天→どしゃぶりの様子ではね。残念至極。今年は皆既日食が話題に上ったが、あのときも天気は悪かった。気が付けば、半年が過ぎ、そして、年も変わろうとしている。汝が美しいのはよく分かったから、時よ、止まってくれ。(大変古典的な死亡フラグ。でも、不勉強にも原典は読んだことがない。「神曲」と共にぜひとも深く味わいたい作品の一つである。自分は長く親しまれてきた古典に触れていなさすぎ。)


トップ 最新 追記