トップ «前の日記(2009-09-30) 最新 次の日記(2009-10-02)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2009-10-01

_ [] うむむ。

中間散乱関数の定義、途中から思い切り間違えていて、全然別の量を測っていた。それは構造因子の自己相関ではないか。。。

Q6 <- Qlm -> g(r, t)の回転対称性の破れ -> Sxzの異常性、というような路線で、秩序と剪断応力の関係について考えていたが、もう一歩のところで上手くいかない。もっと分かりやすく近似できないか。お手々使うの苦手。大体、高秩序側で比例の関係になりそうだという、大まかな推測はできて、フィットさせるとまあ大体よさげ。しかし、データの定量性についていえば、まだまだ非常に甘いし、「まあまあいい感じ」くらいの説得力しかない。ここはまあ今後、粒子数を増やすなどして、データに関しては厳密にすればよいだろう。ちなみに、単にQ6とSxzが比例するというのであれば、剪断流がない平衡状態でも剪断応力が非0になりそうなものだが、これは結晶軸の回転自由度を考慮に入れれば理解できる。ずりがあると、流れの分だけ回転対称性が崩れる。それが結晶配置の結晶軸の向きに直接効いてきてしまうのだ。具体的にいえば、十分高秩序のときはz軸方向に必ずレイヤーが出来る。何言ってるか分からないかもしれんが、まあそんな感じ。「まあそんな感じ」ではダメなんだよ!


トップ «前の日記(2009-09-30) 最新 次の日記(2009-10-02)» 編集