トップ «前の日記(2009-04-13) 最新 次の日記(2009-04-27)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2009-04-18

_ [] 土曜。

登校したら、なんか大学全体が遊園地のように若人で溢れていた。学食も混んでいたし、子ども連れも多かった。とても天気がよいし、遊び場にはもってこいだからな、駒場は。花粉は下旬には終息と聞いて、ほっとする。ヒノキが攻めてきてから、どうにも困っていたので。どうもヒノキの場合、薬の効きが悪い。春なのに、天気がよいのに、良い気分になれないのは哀しいことだ。目に見えない微粒子の攻撃がうざったい日々。

そういえば、三年生になったいとこがマンガや絵本ではない「本」を先日読んでいて、おおっ、と思ったら、ズッコケ三人組であった。ズッコケシリーズは僕の読書生活の原点であり、活字中毒本の虫になった元凶である。高学年になったら、ゲド戦記を買ってやろう。エンデも必須。小学校の頃といえば、他には青い鳥文庫を読みまくったものだ。今でも夢水清志郎シリーズはちゃんと読む。中学に入ったら、ミステリとアシモフ他SF漬けにして、あとファンタジーもどんどんと投入し、、、めくるめく陰謀。

切ない青春系宇宙マンガ「ふたつのスピカ」がNHKドラマとして実写化されるとのこと。同時期にアニメが放映されていた「プラネテス」は技術的に無理だろうから、まあやるとしたらこれか。弟にそれを言ったら、「宇宙兄弟を実写化するとしたら、ムッタは誰だろう?」というので、即答で応えた。大泉洋しかいない。シャンプーがよく泡立ちそうな髪してるし。それに返すように弟は「ヒビトは佐藤隆太だね」と。悪くない。民放でやんないかな?考えてみれば、宇宙は日本人にとってもどんどん近くなっている気がする。いつになれば、僕らは気軽に宇宙に行ける日が来るかな。


トップ «前の日記(2009-04-13) 最新 次の日記(2009-04-27)» 編集