トップ «前の日記(2009-01-21) 最新 次の日記(2009-01-23)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2009-01-22

_ [] にょにょ。

RICOHさん、OKIさん、ごめんなさい!僕が外線のかけ方間違ってたみたいです!(驚きの新事実)携帯からかけるとあっさり。。。基本的に知らない人に電話かけるの苦手なので、どうもこう、上手くいかないことが多い。RICOHは瞬殺で復帰。OKIは修理依頼。制御系がいかれてるんだとか。紙ジャム取ったら基板エラー→修理代オーダ105、とか泣くしかないと思うのだけど。

それにしても、研究室の電話の使い方がどうもよく分からない。自分の携帯にかけてみたけれど、繋がらなかった。。。リアル「鳴らない、電話」。ううう、やっぱり業務連絡的電話苦手だ。普段使わない、応接間モードを使うと、頭頂部がほわあんとして脱力する。大体が緊張しぃだからな。

研究室付近一帯のエアコンが壊れている。暖房付けても冷房にオートで切り替わる新サービス、絶賛展開中!寮のエアコンでも同様のことがいえるが、作り付けのエアコンって壊れたときの修理が大変そうだ。いっそのこと、普通の部屋で使うようなエアコンにすればいいのじゃないかしらと思うのだけど、そもそも馬力足りなさげだし、それでは均一に温度コントロールすることができなさそうだ。人間だけがいるとは限らないしな。たとえば、コンピュータの魔の巣窟的なデータセンタでは、予めでかい部屋全体のエアフローをシミュレーションで計算してからエアコンや計算機などの機器を配置していくということを前に聞いたことがある。計算機は放っておくと、熱浴付けてない外場入りの系やEuler法で解くHamilton系のようにすぐにあっちっちになってしまうし、下手な冷やし方だと電気が無駄無駄無駄無駄ッ!になるわけで。まあ、実際のところ、それとこれとは関係ないだろうが。

学会アブスト。送った。データが間に合わなくて、図が載せられなかったのが残念。おそらく、週末には回収できると踏んでいるが。。。系のサイズを大きくした方が良いかも。サンプル数がマッハ必要。売り上げCD枚数に換算すると小室哲哉級必要(時事ネタ)。格子系で1次元16サイトってさすがにケチりすぎか。こういうのは何を観るかに依る訳で一概に言えないのだけど。

MD。LJは大槻さんのおかげでより最近(といっても10年前)の相図を見つけたので、自分の結果とチェックできた。良さげ。まず共存相。他にもいくつか論文を自分で探してみたが、相共存のあたりのデータはモンテカルロで取ってるのが多いようだ。phase switch Monte Carlo(PSMC)だと。世の中にはなんとかMCが山のようにある。MJMCとかもあるよ。みやまのじんせいもんてかるろ。

そういえば、こんなものを今朝、コンビニで見かけた。最近、体重が不必要に増えてきたから、ビールはいかんというに。。。しかし、田舎のねこも冬はまるまる太って、夏は痩せてるからな。こんだけ寒けりゃ、太っても構わんか。つか、今日はエアコンが効かない上に窓際なので、寒すぎてキレる。冬用のぬくいズボンを持っていないから足が冷えて足が冷えて。

学食で食事してると、珍しく某から電話がかかってきた。詳しくは知らないが、某ニュースで言及された、目黒区の某寮というのは、うちの寮ではないです。住所を丁目までで止めてしまうと、全く一緒だけど。

年末年始に帰省した際、弟に会ったら、Perfumeにはまっててびびったが、最近、love the worldとかの神アレンジ(これこれ)を見つけて、ループで聴いている。原曲もう聴けない。赤Mosriteを弾いてるギターの人はthe band apartの曲のカバーとかもやってて、前からよく(目コピするために)見ていたのだけど、他の曲のアレンジもバンアパが入ってて、僕的にはツボ。その手癖が欲しい。ま、でも、そもそも、カッティングとかできないんだけどね。あと、最近、この動画を朝と夜に必ず観てる。ドナルド・オコーナー最高。ドナルド・オコーナーといえば、僕は大学受験の時、散々気が滅入っていて、というのも僕は緊張しぃなので、「雨に唄えば」のダンスシーンを観てから、受験会場に行っていた。もう9年も前になるが(浦島景太郎と同じ年に受験して受かったのだ)、毎日、「雨に唄えば」を観ていた。楽しい気分にしてから行かないと、ただでさえ寒くて泣きそうなのに、狂うからさ。で、一番好きだったのが、“moses”という曲でジーン・ケリーとドナルド・オコーナーが踊りまくるシーンで、サントラ買って、慶応とかの受験の日は会場でひたすら聴きながら、足ぱたぱたさせてた。幸運の映画だな。


トップ «前の日記(2009-01-21) 最新 次の日記(2009-01-23)» 編集