トップ «前の日記(2008-10-28) 最新 次の日記(2008-11-06)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2008-11-05

_ [] 気が付けば11月。

風邪はようやく治ったようだ。なかなかにしつこかった。うがい・手洗いに励む。今日は夕食を取るタイミングを逸してしまい、しかし、もう真夜中になってしまったので諦める。が、日記を書いていたら、お腹が空いてきた。

アメリカの大統領がオバマ氏に決まったというニュース。それもなかなかに興味深いが、小室哲哉逮捕のニュースも一時代の終わりを想起させて感慨深い。成功し続けるのは難しいという話。調子に乗るほど怖いものはないという話。

BD-SSEPでは局所平衡からそんなに外れないので、ならば外場を加えてしまえという話。すなわち、BD-(Weakly)ASEPを数日、触っている。信長曰く、「破れぬなら、破ってしまえ、局所平衡」。定常状態の密度プロファイルや何やらを見て、ふぅむ、と唸ったり(神林長平的には「ふむん」)。しかし、なんとなくの雰囲気だが、外場かけても、大人しいというか穏やかな変化だな。TASEPでないパラメタ領域での相図ってどこまで手で計算できるのだっけ?とか。明日にはエントロピー・ゲット。

stress-strain & etc。もうどんだけMD触ってきたんだ?という感じなのだけど、くっそつまらぬバグを含んだまま、二、三日走らせていたのに気づいて、へこむ。もう国に帰ろうか。精進精進。時間との勝負、集中しないと。

論文→orz。精進。気合い。時間の使い方が未だへたくそ。

ブラッディ・マンデイ」というドラマ、まあまあ面白い。カウンターテロ系のドラマ(ex. “SP”, “24”)は好きなのだけど、本作はその代表格ともいえる「24」へのオマージュがこれでもかというくらい随所に含まれていて、ニヤニヤしながら観ている。テロ対策ユニットの本部の作りもそうだし、内線の音もそれっぽいし、「○○をすぐに調べてくれ」→「もうやってます」のお決まりのパタンとかまでパクってる。主人公が高校生ハッカーで、テロ対策ユニットを支援するという設定はオリジナルだけど、主人公がテロ組織にターゲットされて、家族が囚われたり、、、のプロットも「24」1stシーズンからおなじみの流れ。ちなみに、幾らハッカーだからといって、どのシステムにでも侵入できるとは思うなよ、というのはちょっと言いたい。そんな重要なシステム、ネットに繋がないだろう的な。よく使うUNIX系ツールがあふれているのにもニヤニヤ。主人公の演技がなかなか上手いのでまあ安心して観られる。

11月。そろそろ27になります。3の3乗。三十路間近ボンバイエ。今、廊下から、誰かの“fuckin’”という悪態が聞こえてきたり、そんな11月。寒々しくなっていきますが、元気良くいきましょう。とりあえず、めがっさ腹減ったので、やはり食料を調達することにする。

そういえば、今朝、コップを割ってしまった。うがい用に水場に置いてあったのだけど、シャワーを浴びた後、めがねを外したまま、手探りでタオルを探しているときに手が当たって、後は地球の重力に従い、自由落下、刹那、崩壊。個人的にグラスが割れる音は非常に不愉快なのだが、グラスが割れた後の破片だとか、特に、切片などは非常に好きである。単に乱反射が美しいというのもさておき、こう、なんというか、二度と元に戻らない感、というか、二度と使えない悔しさであるとか、非常に分かりやすい不可逆性を目の当たりにして打ちのめされる感じがたまらない。そそり立つ世界の壁の前にぼうっと突っ立ってる無力な僕。ぶよぶよとした弾力を持ちながら、均質で隙間がない、まさに完全完璧な壁。グラスを割ると、いつもそんな光景を思い浮かべてしまう。いや、マゾヒスティックな性向を持っているという話ではなくて。(実際、そんな気はない)

excessを測ってみたのだけど、精度が出ない→orz。操作の行きと帰りでなかなか値が反対称にならない。定常カレントとして、それほど精度の高くない測定値をそのまま使ったから。BD-SSEPのときは、結局、定常カレントのexactな関数形を(測定値を参照しながら)導き出した。それを使うと、reasonableなSSTエントロピーの測定が行えた。BD-WASEPでも同様のことにトライしてみるしかないか。定常カレントの測定結果を見てみるに、そんなにややこしくない、大人しい関数形であるはず。単なる2次関数では(精度の良い)fittingができないのは、BD-SSEPでも同様。どうせ、cosh的なカーブが重なってるだけだと思う。操作の刻みを単に小さく取れば、上手く収まるという話でもないのが悩み。変化が小さすぎて、エラーバーに隠れるので。もう少し、試行錯誤すれば、上手く測定できるはず。BD-SSEPで感覚を掴んでいるので、楽観視はしている。

オバマ氏の勝利演説とマケイン氏の演説全文を読んでから眠ろうと思ったのだけど、ようやく見つけた勝利演説の方を読み始めると、なぜか脳内で江原正士の声(トム・ハンクスの吹き替えとかで有名)がアテレコされてるのがウケた。脳内仮想オバマ。ちょっと合わない気もするのだけど、勝手に再生されるので仕方ない。じゃあ、マケインは誰だろう?野沢那智のあのナッシュ・ブリッジスをあててたときの声であるとか、若本規夫のセルの声とかだったら笑い転げて読めないな。「笑えよ、オバマ。ぶるぁぁぁぁぁ」とか。


トップ «前の日記(2008-10-28) 最新 次の日記(2008-11-06)» 編集