トップ «前の日記(2008-07-30) 最新 次の日記(2008-08-01)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2008-07-31

_ [] 続・書類。

書類は無事出せた。またしても締切当日というのはいただけないのだけど、昨日、まさかの崩壊文章に出会して、少し怖くなったのだ。一晩寝かせた方がカレーは旨くなる。書類も、、、いや、あまり変わらなかったのだけど、もう一度だけ落ち着いてチェックしようと思って。何事も丁寧さが大事。これが一週間早くできていれば、良かったですね。

提出のため、アドミ棟に向かう途中、

Don’t Drink and Derive
E = mc3

と、プリントされたシャツを着た人を見かける。夏ですな。「飲んだら乗るな」(“Don’t Drink and Drive”)のもじりだろうか。飲んだら計算するな、きっと、間違うから。(目が覚めて、ノートを見たら、「E = mc3」って、書いてあったYO!)

教務係で提出すると、僕で203人目だって。203=7×29か、あまり好きな数ではないな。対象者223名なので、おう、これは定員割れではないか、とか、思うが、所属によって割り振りが既に決められているので、そう楽観できたものではなかろう。それに、StatphysでDerridaさんが発表していた(ジョーク?)ポスタによれば、学会申し込みの時間発展はレジストレーション締切に発散するらしいから、同様に窓口が閉まるまでのあと数時間の間に申込数が膨れ上がる可能性も0ではない。どうかフォースと共にあらんことを。

数理棟から帰る道すがら、ミンミンゼミの声を聴く。夏ですな。ミンミンゼミは天敵。あの間延びした声に、焦燥感を掻き立てられる。彼らにしてみれば、遺伝子に書かれたメッセージをそれこそ命がけで再生しているだけなのだろうけれど。あれ、アドリブ演奏とかちょっと気の利いたことをやってみちゃう狂ったセミとか一匹くらいはいるんじゃなかろうか。ミンミンゼミだけど、ツクツクボウシもできます的な。鳴き声を全部逆再生でも唄えます的な。あるいは、周辺のセミとカルテットを組んで、ハモってみました的な。妄想はさておき、好むと好まざるとやってくる総決算日、8月31日に向けた悶々とした日々が今年も始まる。

夏ですな、と、全身に絶賛核融合中の太陽の放射を感じながら、噴水のベンチに腰を下ろす。SSEPのことを考えていると、ふと、今まで何だか計算が合わないなとか思っていた、Derridaさんの論文に出てくる式が理解できた。(本質的には誤解はなかったのだけど、計算の過程にちょっとした見落としがあった)至極、簡単な見落としで吐血しそうになる。頭悪い。こればかりは夏のせいにはできない。もちろん、重力のせいにも。けれど、気が付いてふっと気持ち良くなれたのは、夏のおかげか、それとも。。。


トップ «前の日記(2008-07-30) 最新 次の日記(2008-08-01)» 編集