トップ «前の日記(2008-07-19) 最新 次の日記(2008-07-21)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2008-07-20

_ [] 朝、起きると、窓をトントンと叩く音がする。

誰かと思って、寝ぼけ眼をこすってよおく見てみると、それは夏だった。今日は絶好の洗濯日和、デート日和、花火日和、、、他になんだ?まあとにかくまだ空はそんなに青く低くなっていない(夏の空ってなんだか天井低い気がしない?)のだけど、良い感じに夏な雰囲気を醸し出している。セミも鳴き始めているし。今くらいならまだ良い。しかし、これがもう少し増えてくると、腹立たしくなるんだよなぁ。

目がおかしい。ねこ→うさぎ化。4時くらいまであれやこれやで調べ物したり(勉強もしなくっちゃいけないのである。やっぱり、圧倒的にものを知らない)、ノート付けたりして、8時半に起きて、朝ご飯。最近、ちゃんと食べています。お腹いっぱいで幸せな気分のまま、ベッドと再結合しようか、、、というところをむりくり引力から身体を引き離し、机に向かう。が、やっぱりお昼過ぎに、暑さのせいもあって、居眠り。コンタクトをしたまま、眠っちゃったので、目が腫れてしまった。うさぎの目に点眼液を差したら、目が赤いのは引くのでしょうか?

15時、皆で遅めの昼食に出かける。昨晩は富士山関連のミーティングがあったのだけど、その後、一部は噴水で飲んでいたそうな。夏である。噴水周りで飲んだら危険だよ。飛び込みたくなってしまうじゃないか。夏だし。ケツメイシの「夏の思い出」と「また君に会える」がループする。後で聞いたら、誰も飛び込まなかったらしい、池に。軟弱である。夏なのに。なんて、ことを、書いたら、飛び込まざる、を、得なくなる。。。

図書館でいくつか本を借りてきた。リデル・ハートの「第一次世界大戦」とか。冒頭で、曰く、

ヨーロッパを爆発寸前の状態にもってくるのには五十年を要したが、いざ爆発させるには五日で十分だった。

歴史上の大きなイベント、全人類に波及するほどの大きな出来事の発生過程、というのは、興味深いのは当たり前で。きわめてマクロな意志決定とその帰結の間の入出力関係に、ミクロな要素の偶然性がどれだけ関わるのか、これについては、生物進化とほぼ同じ意味で僕は強い興味を感じている。生物進化と同様に実験はできないのだけど。(いや、進化の方はある程度はできるのかしらん?わからんム)幾分、SF入ってるけど、それは仕方ないことだ。だって、アシモフのファウンデーション・シリーズと伊藤計劃の「虐殺器官」を読んでいたら、そうなってしまうわな。


トップ «前の日記(2008-07-19) 最新 次の日記(2008-07-21)» 編集