トップ «前の日記(2008-06-27) 最新 次の日記(2008-06-30)» 編集

帰ってきた荒ぶる魂の日記。

mjm4u.netは「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」を応援しています。


2008-06-29 42.

_ [] 宇宙ヒッチハイクガイド&宇宙兄弟

下北沢に買い物に出かけた際、ヴィレッジ・ヴァンガードに寄る。馬場店よりも全然、広い。ので、ついついと気が付けば、時間が過ぎる。いつまでもここにいたら日が暮れてしまうから、あと20分だけにしようね、と、約束したのだけど、次に時計を見たときには30分経過していたりする。恐ろしいトラップである。銀河ヒッチハイク・ガイドという有名なSF小説と宇宙兄弟というマンガを買う。

銀河ヒッチハイク・ガイドはめちゃめちゃスラップスティックな感じなのだけど、実に興味深い。そんじょそこらのSFよりもずっと面白かった。「人生、宇宙、すべての答え」は今ではGoogle電卓でも計算できるようになっているけれど、その答えが不可解なのは、問いが不完全だから、という下りは示唆的。

宇宙兄弟。これはもうね、タイトルから言って買うしかない。宇宙のマンガで、しかも、兄弟のマンガ。買うしかないよな。幼い頃、共に宇宙飛行士になろうと心に誓った兄弟。弟は本当に宇宙飛行士になるが、兄は飛行士になるどころか、上司にまさかのヘッドバッドをかまして、クビ。そんな、兄にもう一度、宇宙を目指せと煽る弟。覚醒する兄、全てを賭けた宇宙への道程が始まる。。。うん、買うしかないよな。曰く、「兄とは常に弟の先を行ってなければならない」全くもってその通りなんだよなぁ。。。やっぱり、宇宙マンガは熱いな。元気が出る。特に、宇宙兄弟やプラネテスは、目指すものの大きさに目がくらんで、諦めそうになったり、周りが見えなくなったり、自信をなくしたり、そういう当たり前の感覚が丁寧に書かれてるところが人間ドラマとしても素晴らしい。


トップ «前の日記(2008-06-27) 最新 次の日記(2008-06-30)» 編集