トップ «前の日記(2004-04-11) 最新 次の日記(2004-12-16)» 編集

ねこの研究室。

Courier-IMAP 公式ページ 日本語訳もどうぞ。
Courier-IMAP | LDAP | debian | distro | kernel | mac | misc | tDiary | tool
 

2004-06-13 とても久しぶりの更新。

_ [mac][tool] Mac OS Xでdjbtoolsを用いる

PowerBookにD. J. Bernstein氏のソフトウェアを導入している。使っているのは、dnscache(djbdnsに含まれるキャッシュオンリーネームサーバ)とqmailとtcpserver(ucspi-tcpに含まれるスーパーデーモン)とこれらのツールの実行を制御するdaemontools。もちろん、一人で使うPowerBookでこれらのツールを使って何の意味があるのか?というツッコミはあるだろう。正直、なんとなく使いたいだけなんだ。(qmailは送信専用メールサーバに使っている。今までは自分のサーバでPOP before SMTPで送信するようにしていたのだけれど、あまりdrac使いたくないし、という、一応説得力の無い言い訳は考えてある)

_ [mac][tool] djbdns & daemontools for Mac OS X

上記、リンクはdjbdnsとdaemontoolsのバイナリ(Mac OS X 10.3対応版)配布ページ(@無料プロバイダSoloot)。これは大変、便利で嬉しい。嬉しさまぎれに余計なことをひとつ付け加えると…、無料プロバイダってまだあったんだ。(この手のビジネスは衰退した、と勝手に思い込んでいた。うーむ、勘違い)これらのパッケージをインストールして、さくっとキャッシュオンリーDNSサーバを立てる。別に名前解決が、実感できるほど速くなるわけではもちろんないけれど。

_ [mac] Mac OS Xでプロセス実行用のユーザを追加する

qmailをインストールするためには、事前に2つのグループアカウントと7つのユーザアカウントを作成する。これらのアカウントはqmailを構成するプロセスの実行者となるためのものだ。で、いつものように、groupaddコマンドとuseraddコマンドを使って…、って、ないじゃん。そっか、Mac OS Xは内部のnetinfodでアカウントなどを管理しているのであった。(LDAPを使うときに色々と調べたのを思い出す。あの日々がもう遠い昔に思える)/Applications/Utilities/Netinfo Managerを使って、グループアカウントとユーザアカウントを追加する。といっても初めてだったので、手探り。なんだ、そうか、単なるLDAPディレクトリじゃないか。LDAPディレクトリのGUI操作ツールと思えばいいのだ。既に追加されているユーザやグループを参考にしながら、ほいほいと以下のアカウントを追加した。

  • グループアカウント
    • nofiles(gid: 300)
    • qmail(gid: 301)
  • ユーザアカウント
    • alias(uid: 301, gid: 300, home: /var/qmail/alias)
    • qmaild(uid: 302, gid: 300, home: /var/qmail)
    • qmaill(uid: 303, gid: 300, home: /var/qmail)
    • qmailp(uid: 304, gid: 300, home: /var/qmail)
    • qmailq(uid: 305, gid: 301, home: /var/qmail)
    • qmailr(uid: 306, gid: 301, home: /var/qmail)
    • qmails(uid: 307, gid: 301, home: /var/qmail)
以上のアカウント名はいわずと知れたqmail本の名著「qmailで作る快適メールサーバー」(秀和システム)を参考にした。というか、どうも慣習的にこれらの名前を使うみたいね。

_ [mac][tool] qmailにあてるパッチ。

初めに断っておくと、qmailをMac OS X(僕の環境は10.3.4)でコンパイル(make setup check)しようとすると、dns.cでコンパイルエラーが生じる。これは大変。この問題はGururi氏の日記でも触れられていて、ありがたいことにこれを解消するパッチもPanther用Jaguar用の両方とも配布してくれている。多謝。また、日付の表示を地方標準時にするqmail-date-localtime.patchとこのパッチ自体の問題点を解消する(前述のqmail本を参照のこと)パッチqmail-qread-date-localtime.patch(配布サイトははまの氏のqmail本サポートページ)をあてた。あとは適当にちゃっちゃっちゃと。

_ [tool] qmailの自動起動はどうしよう?

考えてみれば、仕事をやめてからUNIX系のソフトウェアとかに触れる機会がとんとなくなったので、Mac OS Xもなかなかに内部の構造とかは掴めていない。(興味がなくなったことはとても哀しいことだなぁ)おかげでサービスの自動起動の仕方もようわからんちん。tcpserver->qmail-smtpdとqmail-sendをどう起動させたものか…。めんどいので、全部、daemontoolsに任せることにした。それが一番手っ取り早いだろう。

_ [misc] デスクトップに彩りを。

僕は今まで壁紙というものが大嫌いでいつも無地の画面を使っていたのだけれど、無地もなんだか味気ないし、最近は綺麗なおねーちゃんも見てないし、�ぁ〜〜(注:荒ぶる魂の叫び。止めても無駄)、と、いうんで、この2つの問題を解決するために綺麗なおねーちゃんの壁紙を探すことにした。(なんとも情けない。笑)うーんうーん。綺麗なおねーちゃん…。お!ここは良い。というので、見つけたサイトを挙げておく。

Sexy Desktopって、なんて直裁的なネーミングだろうねぇ。ほんと。映画「タキシード」でジャッキー・チェンと共演したジェニファー・ラブ・ヒューイットやアリー・マイ・ラブでおなじみ(ハリソン・フォードの愛人でおなじみ、かもしれない)のキャリスタ・フロックハート(あれで今年40歳だから泣けてくるよなぁ。なんとも口元が可愛らしい)、それからよくしらないけれど感動的に可愛らしいサラ・ミシェル・ゲラーとかいう人の壁紙を落としてみた。うん、悪くない。とても悪くない。が、気づいたけれど、結局のところ、作業をするときにはウィンドウに埋め尽くされているわけで、まじまじと壁紙に魅入っている暇などそもそもないという…。つまらん。